長距離トラックドライバーの仕事内容

片道300km以上を走るのが長距離トラックドライバー

沢山の荷物を乗せて運べるトラックは、国内の物流の主役だと言えるでしょう。トラックドライバーの仕事内容は、指定日時までに相手先に荷物を届けることです。ただ、その荷物の運送のために走る距離はドライバーによって違います。短~中距離ドライバーは拠点から半径50~200km以内にある場所に、長距離ドライバーは片道およそ300km以上を運転して指定先へ貨物の配送を行うのです。走る距離が長ければ長いほど拘束時間も長くなり、それに比例して給料も高くなっていきます。トラックドライバーが運ぶ荷物は食用品や日用品、建築資材、機械など、実に様々です。ガソリンや石油、薬品などを運ぶ場合は、危険物を取扱う為の資格が求められるので、求人に応募する際はしっかり確認することが大切です。

長距離トラックドライバーになるには

長距離トラックドライバーが運転するトラックは基本的に大型トラックなので、転職を成功させるために大型免許の取得を目指すことが重要でしょう。加えて荷台に荷物を積むときに必要なフォークリフトの免許を取得すると、転職を有利に進めることができるはずです。しかし、中には普通免許のみで入社し大型免許を取得した人もいるので、未経験から挑戦したい人は、働きながら大型免許取得をサポートしてくれる会社に応募すると良いかもしれません。大型長距離トラックドライバーの中には、月収が50万円を超えている人が沢山います。物流業界は常に人手不足であり、未経験でも転職できる可能性は高いです。実際にそこで働けば、知識やスキルを覚えられるチャンスとなるでしょう。トラックドライバーとして稼ぎたいならば、大型の長距離トラックドライバーを目指してみてはいかがでしょうか。

運送物流は人手不足な事が多く、トラックドライバーの募集は多いです。売り手市場なので条件をよく見て選びましょう。