長距離トラックドライバーの選び方

そもそも長距離ドライバーの仕事とは?

長距離トラックドライバーは指定された配送先まで片道300キロ以上もの長距離を移動し、勤務時間のほとんどを車中の運転に費やします。基本的な配送パターンは、定期便とチャーター便の2通り。前者はあらかじめ決められた指定先へ毎回配送するのに対し、後者は飛び込みで受注した指定先へ随時配送する点に主な違いがあります。とはいえ、指定された目的地へ一定の時間までに配送しなければならない点は、どちらも同じ。配送時間を守るために、日にちをまたいで深夜さえ走り続けることも決して珍しくありません。このように厳しい時間管理が求められると同時に、睡眠や運動といった健康管理についても、常に細心の注意が必要な仕事と言えるでしょう。

長距離トラックドライバーの選び方で最適なのはこんな人

もちろん長距離トラックドライバーならではのメリットもあります。例えば、長距離移動中の休憩時間を自分の好きなタイミングで確保できたり、ひと目を気にせずにラジオを聞きながら運転することもできます。また短距離ドライバーのように、接客するような煩わしさもほとんど不要です。さらに短距離や中距離のドライバーに比べ、給料がワンランク高い点も見逃せないメリットでしょう。したがって長距離トラックドライバーを選ぶなら、長時間の運転でも苦痛にならずマイペースで仕事を続けたい人や、チーム作業や接客のように対面での仕事から解放されたい人、あるいは好きな運転の仕事で高収入を狙う人などには、まさにピッタリな仕事と言えます。

トラック運転手の募集は、まず長距離トラック運転手と短距離トラック運転手に分かれています。長距離の場合、その分給与や手当があります。