短距離トラックドライバーの仕事内容

短距離ドライバーの一日の仕事

短距離のトラックドライバーと一口に言っても様々な仕事があります。個人宅への宅配を中心に行うドライバーもいれば、大型のトラックで業務用の荷物の配送を行うこともあります。個人宅を中心として行う短距離のトラックドライバーは、早朝に営業施設へと出勤すると、トラックを運転するよりも先に荷物の積み込みを行わなければなりません。その後、指定の時間などに合わせて配達を行い、昼の休憩をとるために営業施設へと戻ります。その後、翌日などに配達する荷物を集める集荷作業を行い、長距離輸送者へと受け渡して業務終了です。大型トラックの場合は、営業施設へと出勤したならば、アルコールチェックと車検を行った後に、目的地を目指します。荷下ろしと積み込みを行い次の配送先へ行き、翌日の荷積みをして業務報告を行って終了です。

長距離ドライバーとの違い

長距離ドライバーと短距離ドライバーの仕事の違いは、様々あります。最も大きな違いは、やはり走行する距離でしょう。長距離ドライバーは一日の大半の時間をトラックの中で運転して過ごすことに比べて、短距離ドライバーの運転時間は長かったとしても5時間程度が一般的な長さです。拘束される時間が短いという点が大きな特徴です。また、仕事内容も変わります。長距離トラックドライバーが、運転時間が長い一方で、短距離トラックドライバーは、荷物の積み下ろし作業に割かれる時間が長くなります。営業施設で荷物の積み下ろしをすることが多いので、力仕事という印象が強くなるでしょう。このほか、個人宅やコンビニなどで荷物の受け渡しや受取を行うこともあり、営業面の仕事もあります。

トラックは物流には必要不可欠なものです。トラックは大型、中型、準中型、特殊など種類も多数あり、経済の根幹である物流を支えています。トラック運転手の転職では、自分に合ったトラックの仕事を選択できます。