短距離トラックドライバーの求人数

短距離トラックドライバーとは

トラックドライバーと聞くと、長距離の移動をすると考える人は多いですが、実は中距離や短距離のトラックドライバーの求人も存在します。長距離トラックドライバーの場合、1000km以上の移動をすることもあり、夜間の運転もします。休憩や仮眠はその都度取ることは可能ですが、運転時間が長いことが大きな特徴です。短距離トラックドライバーの場合、個人の自宅への荷物の配達が中心となります。休憩は昼休みに取ることが可能で、残業になることもほとんどありません。一回の移動距離自体も長くはないので、長距離、長時間の運転に慣れていない人にも向いています。また、長距離の場合は一度に多くの荷物を運ぶため大型トラックを運転しますが、短距離の場合中型トラックを使用することもあります。大型トラックの運転に自信がない人や免許を持っていない人は検討するといいでしょう。

短距離トラックドライバーになるためには

短距離トラックドライバーで仕事する場合、多くは運送会社などでの正規雇用です。正社員として働くため安定した給料と福利厚生が期待できます。また、短距離トラックドライバーの求人は、各種の求人サイトやハローワークなどに掲載されているため、色々なサイトをチェックするといいでしょう。大手の運送会社では定期的に求人の募集があるため、求人数自体も少なくありません。ただし、平均給料は長距離トラックドライバーのほうが高い傾向があります。また、長距離トラックドライバーはニーズも高く、求人も定期的に募集があります。どちらの一長一短の特徴があるので、自分の運転技術や目的に合わせてドライバーの求人を検討することも重要です。

自動車の車両総重量が3.5トン未満なら普通免許でも運転可能です。ですのでトラック運転手の求人でも普通免許で従事できるものがあります。その場合、求人情報には小型トラックと記載されていることが多いです。